新着記事

レンタルがお得になる!お宮参りの祝い着は購入が不要

お宮参り

祝い着はレンタル利用が可能

お宮参りで用意する祝い着。祝い着をどのようにして用意しようか悩んでいる家族が少なくありません。用意する方法は2つあり、1つは購入する方法です。購入すれば手元に残るため、第二子以降の子どもや孫の代に引き継げるというメリットがあります。もう1つはレンタルする方法です。レンタル料金の相場は1~2万円程度であり、とてもリーズナブルです。また今はインターネットを利用してレンタルすることが可能であり、非常に手軽となっています。

お宮参り

レンタルをお得にするコツ

お宮参りに使用する祝い着をレンタルする人は少なくありません。産着や襦袢、帽子やよだれかけなど、必要なものが全て揃っているため、特に買い足すものがなく準備の手間が省けます。レンタルを上手に活用する方法としては、比較的すいている平日にお願いすると良いでしょう。今はインターネット専門のレンタル業者が存在します。全国配送を受け付けている業者があり、しかも送料無料となっている場合があります。そのような業者を利用すれば、お得かもしれません。

お宮参りの流れ

お宮参り

まずは準備作業を行います

まずはお宮参りの日取りを決めましょう。お宮参りは生後30日前後で行うことが一般的ですが、現在は赤ちゃんや母親の負担にならないように日程を選ぶことが多くなっています。そして、日程が決まったら神社の予約を取ります。さらに赤ちゃんが着るベビードレスを用意しますが、購入するかレンタルするかを決めておきましょう。もし写真を撮るならば、スタジオへの予約も必要です。

お宮参り当日の流れについて

神社に到着したら、まずは手洗い場で手を清め、口をすすぎます。そして神前で2礼2拍手1礼の儀式を行います。そして、受付を済ませて祈祷料の支払いをします。その後は神殿でお祓いを受けて、祝詞をあげてもらいます。一般的な祈祷時間は30分前後です。神社によって祈祷の流れが異なるため、指示に従って行動すると良いでしょう。

お宮参りの後は会食や写真撮影を行う

祈祷が済んだ後は会食や写真撮影となります。ただ都合によっては、会食や写真撮影の後にお宮参りをするケースもあります。写真撮影では衣装をレンタルすることができるので、あらかじめスタジオに確認しておくと良いです。また撮影スタジオは混雑状況によっては時間がかかるため、会食を済ませてから写真撮影しても良いでしょう。

早めに準備しておくことが大事

お宮参りを滞りなく済ませるためには、神社の予約やベビードレスの用意、写真スタジオの予約などの事前準備がとても大切です。混雑状況によっては、予定していた日程に予約が取れないこともあります。そのため赤ちゃんが生まれたら、早めにお宮参りの準備を進めておくことをおすすめします。